ごきげん手帖

好きなこと、想うこと。

ひとり暮らしを始めて自分に自信が持てるようになりました。

f:id:julily:20170823232531j:plain

 

今日はひとり暮らしをする前、実家暮らしをしていた頃のわたしの話をしようと思います。これからひとり暮らしをしようと思っている方、お子様にひとり暮らしをさせようか迷っている方、通りすがりの方…こんな風に変わることもあるんだなーと思っていただければ…

 

家事?なにそれおいしいの?

お恥ずかしい限りですが、わたしは実家にいた頃、一度も!ひとりで!食事を作ったことがありませんでした!カレーさえ作ったことがないんだぜ!自慢じゃないけどね!あと洗濯機の使い方も分かりませんでしたし!掃除機も母がかけてくれていましたし!あっでもお風呂の浴槽はたまーに仕方なく洗ってました!わたししか浸からない日!

 

…ひどい娘です。
もちろん、決して、お手伝いさんやじいやが居るような良家の子女ではなく…専業主婦である母に頼りきりの生活でした。

 

帰宅すればご飯はぴったりのタイミングで作られていて、お風呂も溜まっていて、洗濯物は洗濯機に入れておけば綺麗になって畳まれていたし(部屋に持っていくことすら面倒でリビングに置いたままにしていてよく怒られた)、なんだったらご飯を食べ終わってそのままテレビを見ていたら食器も片付けられて洗われてお茶まで出てきました。

 

母にはたまには手伝えと言われることもあったけれど、昔から習い事や塾、大学も遠方に通っていたので家にいる時間が極端に短く、
"仕事が忙しいのを言い訳に家事を手伝わない夫"
のような生活をしてきたのです。

もちろん仕事で忙しい夫のような稼ぎもありません(月3万円を家に入れていたのみ)。


「それはいいから勉強しなさい早くお風呂に入りなさい寝なさい…」

よく言われていました。


大学を卒業し、社会人になって「家のことも出来ないとダメよ」と言われても、母がやった方がはるかに早いし何をしていいのかわからないし…ヘトヘトだし…。
ちなみに、ひとり暮らしを始めるまで、お弁当も毎日作ってくれていました。私が5時起き、母は4時半起き。

 

随分甘やかされて…というか、母は短い一日の中に自分の時間を持たせてくれようとしていたようです。
ありがとう!
こんな風に育ってしまってごめん!

 

ちょっと自信が持てるようになりました

そして今…毎日食事を作って(一応栄養バランスも考え、品数も3品はあるようにしています)、洗濯、掃除(毎日は出来ないけれど…)…それなりに家事をできている自分がなんだか不思議です。

とても心配していた両親、そして弟達も驚いています。わたしは昔から、大抵のことはそこそこ器用にこなすことが出来るタイプの人間でした(出来ないことも山ほどあるけれど、平均点くらいは苦なくとれる)。

 

しかしどこかで、

家事だけは絶対無理!!

と思っていました。


そして、そんな自分がやはり恥ずかしかったし、だめな人間だ、女子としておわってる…そう感じていました(そもそも、家事は女子力ではなくもっと根本的な生活力だと思う)。

綺麗な服が好きで髪型もお化粧も整えるけれど、中身が全然だめ。

 

それが、ひとり暮らしを始めることによって「あれ、案外出来るぞ?」と気がついたのです。

できないと思っていたことができる。

しかも、案外苦ではない。

むしろ自由にできて楽しい!
少し自信がつきました。

家に来てくれた友人などに「ご飯おいしい!」と言ってもらえると嬉しいなと思う。

そんな喜びも知ることができました。

 

人は変われる…そういうけれど、そんな事は無いどこかで思っていたわたし。いや、変われるというより、実は出来ないことではなかった。食わず嫌いをしていただけでした。

 

人それぞれかもしれないけれど、実家暮らしに比べるとコストはべらぼうに高いけれど、わたしにとってひとり暮らしで得た経験は、例えコストが少々赤字になっても価値があるものであったと思えます。

 

まあそもそも!

社会人なんだから、というか学生の頃から家を出て立派にひとり暮らしをしている人から見たら、なにいい歳して甘っちょろい事言ってるんだ、と言われそうですけれど(笑)

ただ、パラサイトシングルなんて言葉もありますが、人それぞれに生き方があって、わたし自身は家族と仲良く暮らしている人のなにが悪いんだ!と思うのです。その分、しんどい時に相談できる人がいる精神的な支え、社会に任せられない介護をしたり、収入面でお互いに助け合ったり…。それはもちろん社会的に見たら経済効果が小さい家族形態ではあるけれど…別にいいじゃん。

 

でも、わたしみたいに家のことを何もしないのはやっぱりよくないかなとも思う。

今は、実家にいた時よりも母のありがたみ(もちろん父も)を感じるし、素直に感謝できるようになりました。

28歳にして、遅いけれど、とっても遅いけれど、気がつけてよかった!

 

今日はこんな事を考えた日でした。

ひとり暮らしをするか迷っている人にこんな人もいるんだなと思っていただければ幸いです。

 

 でも、やっぱり収支も考えたい!

そして、赤字でも価値ある…なんて言いましたが、生活が成り立たなくなっては元も子もないので(笑)、毎月の中からちゃんと貯蓄する目標は継続です!

がんばるぞー!

 

julia.hatenablog.com

 

 

julia.hatenablog.com