読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごきげん手帖

好きなこと、想うこと。

資格試験終了。いざ読書の旅へ!

年度初めに目標としていた資格試験が終わりました。

 

julia.hatenablog.com

 

ほっとすると同時に、すでに間違えに気付いている箇所もみつかり、一か月後の結果発表まで落ち着かない日々が続きそうです。

 

社会人になって、はじめて点数で評価されるものの勉強でしたので、久々の緊張感にドキドキしました。そして、ようやくいろいろな知識がつながってきて楽しくなってきたころに試験・・・あと数日あれば!と思ってしまうスロースターター・・・。これからはもう少し計画的に勉強をしよう。

受かっているといいなぁ。

 

 

さて、

試験勉強や旅行、友人の結婚式などで忙しかった9月が終わり、ようやく読書の秋を迎えられそうです。

 

わたしには、季節ごとに毎年読む本が数冊ずつあります。

秋は3冊ほど(また紹介いたしますね!)。

一度読んだら満足させてくれる本も素晴らしいけれど、

「またあの文章に触れたい」

そう思わせてくれる本は素敵だなと思います。

 

来週は友人との読書会も決まっており、楽しい秋の始まりの予感がしています。一人で読むのもいいけれど、人の話を聞くのも面白い。楽しみだ!

 

また、今日は試験終わりに立ち寄った書店で面白そうな本を購入しました。

「THE BOOK OF TREES 系統樹大全:知の世界を可視化するインフォグラス」

マニュエル・リマ(Manuel Lima)著

三中信宏 翻訳

f:id:julily:20161002191011j:plain

f:id:julily:20161002191050j:plain

(この細かさがたまらない。わたしも書きたい。) 

 

フルカラーの大変美しい図版でひとめぼれ!系統樹やメモリーツリーって大好きなんです。

少し見ただけではありますが、歴史的な絵画ともいえる資料(宗教、芸術、家系図)から、コンピューターを用いて作図された最新の研究データまで様々な系統樹が描かれており、見ているだけでも楽しい。データというものは、数値だけを見ていてもわからないことが多くて、やはり図にする事によって新たな発見やひらめきが生まれますよね(身近なものなら家計簿における簡単な円グラフだってそう)。情報をわかりやすく整理し、伝えるための方法について学べるといいな。内容はもちろん、デザイン面でも刺激を得られそうです^^ 

また後日感想を書きますね。

 

 

ブログでは、これからは書評(なんて言えるほどのものではありませんが)も書いていけたらいいな。

 

とにかく今は、本を読みたい。

文章を書きたい。

工作がしたい。

絵をかきたい。

名刺を作りたい。

手紙を書きたい。

いっぱいインプットしたいし、いっぱいアウトプットしたい。

 

わたしはとても欲張りで、やりたいことがありすぎて、選べなくて、自分自身でも本当は何が好きなのかがわからなくなってしまうことがよくある。

こういう気持ちはどこにぶつければよいのか。

とにかく今は、ひとつずつ、向き合っていこう。

 

本日はとりとめのない話になってしまいました。

皆さまも豊かな秋をお過ごしくださいませ。

 

ごきげんよう!