ごきげん手帖

好きなこと、想うこと。

ブログ移転のお知らせ

ブログを移転しました!

この度、弊ブログ「ごきげん手帖」は、はてなブログからお引越しをしました。

 

今後はこちらからお願いいたします。

gokigentecho.com

 

実は、独自ドメインを持つということは子供の頃からの憧れでした。

パソコン関係にあまり明るくはありませんが、初めて自分のホームページをもった中学生のころから(趣味のサイト)、サイトシステムなどに興味があり、いつか大人のサイトに…!(クレジットカードも持っていない子どもでしたので)と夢見たものでした。

 

そしてこの度、ブログを運営されている会社の先輩からも勧められ取り組んでみることにいたしました。何かに活かせる技術ではないかもしれませんが、日頃聞きなれない用語を学びつつ勉強している最中です。

技術的なこと、そして文章を書くということを伸ばしていけたらいいなと思います。

女の人生は長いですから!

 

興味を持つと止まらない!

わたしは、一度気になるとその事ばかり考えてしまい、何をしていても頭から離れない性格です。今回のブログの引越しも、つい4日前(日曜日の夜)に「思い立ったが吉日!」とばかりに取り掛かりはじめました。

 

何が必要なのかも分からず勉強するところからでしたので、1日3時間ほどパソコンに向かっており、今日は目がチカチカ…。 サーバー契約、ドメイン取得、ワードプレスSSL化、リンクの変更、画面レイアウト、まだまだ理解不足なSEO…大変ではありましたがとっても楽しい!

その辺りはまた後日記事にしようかと思います。

 

突貫工事ゆえに見づらい部分、前ブログ(はてなブログ)に飛んでしまうリンクなど見落とし部分があるかもしれません。どうかご寛容くださいませ。

(こっそりコメントやtwitterでお教えいただけると嬉しいです!)

 

リンクを貼ってくださっている皆さま、お手数ですがアドレスの変更をしていただけますと幸いです。

URL  https://gokigentecho.com

 

ごきげんで日々のくらしを楽しんでいきたいと思っています。

そのための学び、そのための資産形成!

 

はじめていらしてくださった方、はてなブログで仲良くしていただいた皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

2017.08.31  ユーリ

【2017年】持ち株のリスクについて考える

先日、わたしの無リスク資産を含む資産配分について振り返りました。

 

振り返りの結果、

ということが判明。とりあえずは毎月の積立で投資信託の割合を少しずつ増やしてゆくという結論になりました。

 

しかし、わたしにはもっと気になる部分が!

それは、勤め先の持ち株です。先日の記事の抜粋ですが

  • リスク資産自体をみると、勤め先の持ち株(グラフ黄色19%)が多くないか? 

という疑問を持ったのです。

 

給与天引きのチカラ


わたしの資産運用履歴については、一年半ほど前までは普通・定期預金を中心に資産形成を進めてきたため、無リスク資産が圧倒的に多いのは当然といえます。

それよりも気になる持ち株の割合…結構大きい。実は、毎月の積立額はそう大きな額ではありません。つまり、「少額ずつの積立が、4年という期間を経て、そこそこしっかりとした額になった」ということです(ちなみに株価に大きな変動ではありませんでした)。持ち株は給与から天引きなので大きな努力なく積み立てられています。やはり天引きはお金を使うのが好きな人間には一番良い方法かも・・・

 

将来的には減らしたい

 

話を戻します。

わたしは、将来的には持ち株の割合をもう少し減らしたいと考えています。特に独身である場合。収入が自分の勤め先という一箇所からであり、さらに持ち株で資産運用…リスクの偏りは多少なりとも避けたいからです。具体的な数値はまだ決められていないのですが…(この数値はどうやって決めたらいいだろうか…)。

 

持ち株の割合を減らすためには毎月の積立額を減らす・停止するという方法があります。しかし、今回はその選択肢は選ばず見送ろうと思います。その理由はいくつかありますが、

  • 自社で積立を行うにあたり様々な点においてメリットを感じていること(詳細は書けませんが、もし他社なら私も加入していないかもしれません)
  • 現在の毎月の積立に関しては、投資信託の方がはるかに大きな額であること
  • 転職やライフスタイルの変化などにより現在の勤め先を辞める可能性もあること

 以上が主な理由です。割合の調整などはあ年後に考えるとして、今は気にせず積み立てていこうと思います。

 

去年、こんな記事を書いていました。

 

この記事でも書いた通り、持ち株というのは給与と同様に勤め先が倒産したら・・・というリスクを持っています。わたしは自分の考えでこの制度を利用していますが、利用の際は

  • 自らの資産全体(額、配分)を見直すこと
  • 勤め先の経営状態・持ち株制度そのものについて(拠出金全てが株式購入に充てられるのか、または積立金として拠出しその一部が株式購入に充てられるのか、株式は奨励金上乗せの有無など)

 

自分のことプラス会社のこと、色々な方向から、しっかり考えることが大切です。新入社員の方は「先輩が良いって言ってるから・・・」という理由だけで加入しないようお気を付けください。

 

f:id:julily:20170828192513j:plain

食事も資産もバランスよく!(流し台で写真を撮る大雑把さをどうにかしたい)

 

これからの対応

積み立ては継続。1年に2回程度の頻度で全資産に占める割合と金額の確認。

投資信託同様基本的にほったらかしですが、定期的なチェックは行っていこう!

 

持ち株を持たれている方で、「こういう考え方をしている」というような方針がございましたら是非うかがわせてください^ ^

 

 

 

 

通勤時間が1日5時間だったわたしが思うメリット&デメリット

通勤時間

突然ですが、あなたは通勤にどのくらいの時間をかけていますか?

 

今のわたしは1日20分です。

 

そして、

実家暮らしをしていた頃のわたしは、なんと片道2時間半という時間を通勤に費やしていました。


1日で5時間
1週間で25時間(平日5日間)
1年間で1200時間(勤務日数を240日とする)

 

つまり
一週間のうち約1日
365日中50日もの時間を
を通勤時間に費やしていたことになります。


改めて考えると大変長い時間です。

 

ちなみに平成28年度、最低賃金の全国平均値は823円だそうです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

 

823円×1,200時間=987,600円/年

 

時給換算すると、なんと年間約100万円!わたしは100万円分以上の時間を、一般的に窮屈でうるさく居心地の悪いイライラの巣窟と言われる通勤電車で過ごしていたのです。

4年8ヶ月通っていたので480万円です。なんてこったい!です。

 

…とまぁ、そうはいっても、その時間目一杯働くことは難しいでしょうからそんな額にはならないかもしれないのですが…。


様々な理由から実家通いを続けていたわたしですが、やっぱり通勤時間もったいないんじゃない?そう思わざるを得ない数値です。

 

そして事実、一人暮らしをして一日の時間の使い方がかなり変わりました!

結果、とっても!よかったです!

 

ビフォーアフター……

f:id:julily:20170823220141j:plain
手描きかい!!!
(だってまだPC使えないんだもの…。ノーブルパット/LIFE 使い勝手最高!)

 

 

通勤時間は5時間→20分へ短縮!

睡眠時間は5時間→7時間へ拡大!

 

どれだけ寝ても眠いものは眠いわ〜と思っていましたが、睡眠時間、大事です。朝の頭痛や倦怠感、ちょっとしたイライラがなくなりました。朝の支度にかける時間も増えたので焦ることも少なくなり…やはり生活に余裕って大切だなぁと改めて思いました。

 

しかし家事の負担は増える

もちろん、一人暮らしをすると、いままで母がしてくれていた…
・炊事
・洗濯
・掃除(部屋、お風呂、トイレ、その他)
・ゴミまとめなど
ありとあらゆる家事をしなくてはならず…生活スキルは身につくけれどやはり大変。

 

 メリット、デメリット

そんな、通勤時間に一日5時間かけていた私が体感したメリットデメリットを考えてみました。


メリット

  • 定期券があるので電車で遊びにいき放題。毎月の交通費ほぼゼロ。
  • 実家暮らしなので住居費、食費ゼロ。私の場合、毎月家にお金を入れていたとはいえ、給与の他の部分をほぼ全てを遊びと貯蓄に回せた。
  • 通勤時間を趣味の時間に当てられる。邪魔にならない程度なら趣味に没頭できる。読書、文章書き、レース編みにハマっていたころはレース編みもしていました(自由人)。スマホで動画やテレビを見ることもできるし、PCやDVDプレイヤーを持ち込んで映画を見ることもできる(スペースの取りすぎと音漏れには気をつけよう)。ゲームだってできますね。SNSに浸ることも可能。アンケートに答えるタイプの小遣い稼ぎをしていたこともあります。
  • 勉強の時間に当てられる。
  • 仕事とのon/off切り替えができる

 

デメリット

  • 通勤手当は健保・厚生標準報酬に含まれる。定期代が高いと社会保険料がべらぼうに上がる(わたしは通勤手当がなかった場合と比較し、年間10万円強のプラスであった)
  • 慢性的な睡眠不足
  • 慢性的な車内空調による冷え、だるさ
  • 体調が悪い日は通勤だけで疲れ果てる
  • 人身事故で閉じ込められるなんて日常茶飯事
  • 遅延時など満員電車で立ちっぱなし
  • 家での自由時間が少ない
  • 女性は少なからずチカンの被害に遭う可能性大(駅に着いた時など満員電車の混乱に紛れてさらっとお尻撫でていく感じ、あれ許せん。ちなみに胸は触られたことありませんなんでや!)
  • 男性は冤罪に問われることがある…らしい(可哀想すぎるよ…)

 

 

どうですか?

デメリットもあるけれど、メリットもまぁまぁあります。

強制的に毎日通勤時間はやってくる。誰にも邪魔されない時間、しかも実家暮らしで職場が近い場合、家にいる5時間なんて結構あっという間で、ちょっと長めに寝てtwitterやLINE、ネットサーフィンをしていたらあっという間です。その時間を決めて使えたら結構有意義な時間となります。

いやぁ、いいですね、実家暮らし。

でもわたしはやっぱりひとり暮らしをして正解だと思っています。

 

 

通勤時間を減らしたいあなた。

通勤時間が長くなる地域にお引越しを検討されているあなた。

大切な時間は使い方次第。通勤時間は結構人生の大きな部分をしめます。

よくご検討くださいませ。

 

以上、「通勤!?それほぼ旅行!!」と幾度となく突っ込まれたワタクシより。

ひとり暮らしを始めて自分に自信が持てるようになりました。

f:id:julily:20170823232531j:plain

 

今日はひとり暮らしをする前、実家暮らしをしていた頃のわたしの話をしようと思います。これからひとり暮らしをしようと思っている方、お子様にひとり暮らしをさせようか迷っている方、通りすがりの方…こんな風に変わることもあるんだなーと思っていただければ…

 

家事?なにそれおいしいの?

お恥ずかしい限りですが、わたしは実家にいた頃、一度も!ひとりで!食事を作ったことがありませんでした!カレーさえ作ったことがないんだぜ!自慢じゃないけどね!あと洗濯機の使い方も分かりませんでしたし!掃除機も母がかけてくれていましたし!あっでもお風呂の浴槽はたまーに仕方なく洗ってました!わたししか浸からない日!

 

…ひどい娘です。
もちろん、決して、お手伝いさんやじいやが居るような良家の子女ではなく…専業主婦である母に頼りきりの生活でした。

 

帰宅すればご飯はぴったりのタイミングで作られていて、お風呂も溜まっていて、洗濯物は洗濯機に入れておけば綺麗になって畳まれていたし(部屋に持っていくことすら面倒でリビングに置いたままにしていてよく怒られた)、なんだったらご飯を食べ終わってそのままテレビを見ていたら食器も片付けられて洗われてお茶まで出てきました。

 

母にはたまには手伝えと言われることもあったけれど、昔から習い事や塾、大学も遠方に通っていたので家にいる時間が極端に短く、
"仕事が忙しいのを言い訳に家事を手伝わない夫"
のような生活をしてきたのです。

もちろん仕事で忙しい夫のような稼ぎもありません(月3万円を家に入れていたのみ)。


「それはいいから勉強しなさい早くお風呂に入りなさい寝なさい…」

よく言われていました。


大学を卒業し、社会人になって「家のことも出来ないとダメよ」と言われても、母がやった方がはるかに早いし何をしていいのかわからないし…ヘトヘトだし…。
ちなみに、ひとり暮らしを始めるまで、お弁当も毎日作ってくれていました。私が5時起き、母は4時半起き。

 

随分甘やかされて…というか、母は短い一日の中に自分の時間を持たせてくれようとしていたようです。
ありがとう!
こんな風に育ってしまってごめん!

 

ちょっと自信が持てるようになりました

そして今…毎日食事を作って(一応栄養バランスも考え、品数も3品はあるようにしています)、洗濯、掃除(毎日は出来ないけれど…)…それなりに家事をできている自分がなんだか不思議です。

とても心配していた両親、そして弟達も驚いています。わたしは昔から、大抵のことはそこそこ器用にこなすことが出来るタイプの人間でした(出来ないことも山ほどあるけれど、平均点くらいは苦なくとれる)。

 

しかしどこかで、

家事だけは絶対無理!!

と思っていました。


そして、そんな自分がやはり恥ずかしかったし、だめな人間だ、女子としておわってる…そう感じていました(そもそも、家事は女子力ではなくもっと根本的な生活力だと思う)。

綺麗な服が好きで髪型もお化粧も整えるけれど、中身が全然だめ。

 

それが、ひとり暮らしを始めることによって「あれ、案外出来るぞ?」と気がついたのです。

できないと思っていたことができる。

しかも、案外苦ではない。

むしろ自由にできて楽しい!
少し自信がつきました。

家に来てくれた友人などに「ご飯おいしい!」と言ってもらえると嬉しいなと思う。

そんな喜びも知ることができました。

 

人は変われる…そういうけれど、そんな事は無いどこかで思っていたわたし。いや、変われるというより、実は出来ないことではなかった。食わず嫌いをしていただけでした。

 

人それぞれかもしれないけれど、実家暮らしに比べるとコストはべらぼうに高いけれど、わたしにとってひとり暮らしで得た経験は、例えコストが少々赤字になっても価値があるものであったと思えます。

 

まあそもそも!

社会人なんだから、というか学生の頃から家を出て立派にひとり暮らしをしている人から見たら、なにいい歳して甘っちょろい事言ってるんだ、と言われそうですけれど(笑)

ただ、パラサイトシングルなんて言葉もありますが、人それぞれに生き方があって、わたし自身は家族と仲良く暮らしている人のなにが悪いんだ!と思うのです。その分、しんどい時に相談できる人がいる精神的な支え、社会に任せられない介護をしたり、収入面でお互いに助け合ったり…。それはもちろん社会的に見たら経済効果が小さい家族形態ではあるけれど…別にいいじゃん。

 

でも、わたしみたいに家のことを何もしないのはやっぱりよくないかなとも思う。

今は、実家にいた時よりも母のありがたみ(もちろん父も)を感じるし、素直に感謝できるようになりました。

28歳にして、遅いけれど、とっても遅いけれど、気がつけてよかった!

 

今日はこんな事を考えた日でした。

ひとり暮らしをするか迷っている人にこんな人もいるんだなと思っていただければ幸いです。

 

 でも、やっぱり収支も考えたい!

そして、赤字でも価値ある…なんて言いましたが、生活が成り立たなくなっては元も子もないので(笑)、毎月の中からちゃんと貯蓄する目標は継続です!

がんばるぞー!

 

julia.hatenablog.com

 

 

julia.hatenablog.com

 

マイクロファイバータオル【carari(カラリ)】を使ってみました

先日、我が家のタオル事情について「試してみて利便性がよければ手ぬぐいに変えたい」という記事を書きました。


「手ぬぐいに変えようかなと思っていて~」と、お世話になっている職場のパートさん(主婦歴20年程の)に話したところ、
「妹が吸水性が良くてオススメ!ってタオルを沢山くれたんだけれど、夫婦2人だけだし沢山余ってるの。お試しにひとつあげるよ!」
とプレゼントしてくださいました。

 

carari(カラリ) バスタオル 120×60cm

 

f:id:julily:20170822192054j:plain

株式会社シービージャパン CB JAPAN CO.,LTD|ブランドで選ぶ【carari】

 

Amazon楽天でも購入できます。


前情報なく受け取ったのですが、最近よく見かけるマイクロファイバーが使われています。マイクロファイバー素材については、わたしもすでに導入しており、コンロの油汚れとりに使っています。水をつけてサッと優しくなでるだけで綺麗になるので、特にコンロ周りのアルミ製の油ハネ防止の囲いを拭くのに重宝しています。強く拭くと曲がってしまうので。

 

f:id:julily:20170822192207j:plain

 

さてバスタオル。
表面は綺麗にカットされていてなめらか。マイクロファイバー素材にしては、特有のキシキシ感も少なめのような気がします。
パッケージに、吸水量は綿の約3倍!吸収速度は7倍!とのデータが載っています。


早速使ってみました。

f:id:julily:20170822192122j:plain

ふわふわもこもこ…でも薄い。


マイクロファイバーは繊維がとがっているからこすらない方がいい」と聞いたことがあるので優しく身体をタオルドライ(コンロの油汚れが取れるくらいですものね)。水分はあっという間に消えました。素材的にちょっと身体にまとわりつく感じがあるので好き嫌いが分かれそうです。
ちなみに、このタオルくださった方の旦那さまは"昔ながらのホテルタオル"のような大きくしっかりとした分厚いバスタオルが好きなようでお気に召さなかったとのこと。

 

次は髪。
おお、わたしの長い髪でも水をぐんぐん吸います。地肌の水分も良い感じに吸ってくれる。
しかし…わたしにとっては、やはり肌触りがネック…。キシキシきゅっきゅ。という感じがちょっと得意ではないかも…。

とはいえ、マイクロファイバーバスタオルcarari。一般的なバスタオルと比較すると薄くて軽くてしっかり吸水。なかなかやりおる!


・すぐに沢山の水を吸ってくれる
・肌触りにこだわりがない
・すぐ乾いてほしい

という方にはもってこいです!プールやジムにも良さそう。
ちなみに、
・柔軟剤を使うと吸水性が落ちるそうなので、普段からご使用される方は要注意
マイクロファイバーは埃を集めやすいので洗濯の際はネット必須かな…
・高温に弱いので乾燥機やアイロン禁止


今日はマイクロファイバーのタオルcarariのご紹介でした!なんだかんだ一人暮らしの人にはオススメかも。色展開が豊富なので、家族で色を分けをしてもいいかもしれません。
わたしは、手ぬぐいとの比較をしつつ、もう少し使ってみようと思います♪

2017年 自己紹介と資産形成の歩み

f:id:julily:20160808193911j:plain

(お金関係の情報をまとめているわたしの大事なノート。万年筆での書き心地もお気に入り、ノーブルノート/LIFE)

 

日頃より資産形成(ときどき趣味)に関しての記事を書いていますが、わたし自身多くの方のブログや公的機関のHPを拝見させていただいております。そんな中で、特に参考にしたい!と思ったときにわたしが必ずチェックしていることは、

  1. いつか書かれたものであるか
  2. どんな生活をされている方が書かれているのか

 ということ。

例えば、ファンドの特徴や税制などに関する記事は最新のものを確認する必要がありますし、家計や貯蓄方法を取り入れたいと思っても収入が自分とかけ離れている方のものは参考にしにくい。また、配偶者や子供の有無、年齢といったライフスタイルやステージの違いが分かっていると、より参考にしやすいと思っています。

そんな考えから、今回はわたしについての簡単な自己紹介と、これまでの資産形成の歩みを記したいと思います(収入・資産額など詳細は控えさせていただきます)。

長くお付き合いいただいている方には今更かと思いますが、お付き合いいただけると幸いです。

 

自己紹介

  • ユーリ(Twitter,Instagram:@juli_urea)
  • 28歳(2017年8月現在)
  • 独身
  • 会社員(一般職、現在残業なし)
  • 社会人5年目
  • 手取り収入は月10万円台後半(別にボーナス有)
  • 2017年1月~ひとり暮らし開始

 

  • 趣味:舞台観劇、文具(特に万年筆・紙類)、文通、読書(量や内容は気分によりにムラ有)、革製品の手入れ、素人裁縫や工作、絵を描くことも割と好き。バレエ、ダンス、ピアノ、水泳の経験あり(習い事レベル)。最近ピラティスを始めました。高校時代の友人の影響から、漫画アニメ声優さんが好きな時期もありました。基本、一度ハマると詳しく知りたくなるオタク性質です。マニアックな人の話を聞くのが大好き。

 

 

資産形成の歩み

2013年 3月 大学卒業

       (就職が決まっているのをよいことに、 舞台観劇や海外への卒業旅行で預貯金をすべて使い果たす)
               

     4月  就職(実家暮らし、貯蓄ほぼゼロ、奨学金129万円の借金から社会人スタート)

          社内預金積立開始 ※限度額到達により、現在の積立なし

          普通預金開始   ※現在は余剰金のみ預金、積立なし

          奨学金返済開始  ※月3万、2016年12月完済              

        8月 勤め先の持ち株積立開始(継続中)

 

2015年  11月 将来に不安を覚える、一人でも生きていけるようにするにはどうすればよいのか・・・

       資産形成の必要性を感じ情報収集を始める、分散投資インデックス投資を知る

 

2016年 1月 投資信託積立開始(継続中)

      12月  奨学金129万円完済!


2017年 1月 ひとり暮らし開始、毎月の支出額が大きく変化

                 6月 iDeCo開始(継続中)

     8月 現在

         実家暮らし時と同額で毎月の投信積立を継続中。しかし現状は、月々の収入の中からの貯蓄はほぼできておらず、普通預金やボーナスを投信の買い付けに当てている。

 

今後の目標

  • わずかでも月々の収入から一定額を貯蓄したい
  • 家計の見直し、節約できる部分を考える
  • 積立NISAについて勉強・加入
  • ひとり暮らしを1年間経験→1年間の家計を算出、生活防衛金の必要額を把握→資産全体での目標アセットアロケーションを考える(無リスク資産、リスク資産を合わせたもの)

 

以上、2017年8月現在の情報

 

半年~1年に一回は見直したいと考えています。

資産形成、家計の管理共にまだまだ初心者なので、今後ともアドバイスなどいただけますと幸いです!

また、同じような悩みを持つ方・・・ぜひお話しさせていただけたらと思います^^

 

 

julia.hatenablog.com

 

手ぬぐい生活に変えてみたい

ひとり暮らしの生活をもうちょっと楽に、もうちょっと心地よくできないかな、といつも考えています。そう、わたしは少しでも楽をしたいズボラな人間です。

 

そんな中で少し困っているのは、日々洗濯をするタオルの多さ。ひとり暮らしだからたかが知れているのですが、3日分まとめて洗濯するとなると、フェイスタオル、キッチン用、トイレ用、枕用、バスタオルそれぞれが×3となるわけです。

そんな中で最近考えているのが、タオルを使わずに手ぬぐいを使うといいのでは…と言う事。

考えられるメリットとしては

  • 洗濯の時のかさが減る(しっかり洗える&洗剤もきちんと流れやすい)
  • 乾くのが早いので部屋干しも楽、使った後も雑菌が増えにくい
  • 収納も場所いらず
  • 全て手ぬぐいなら使い分けをしなくていい

結構最後のは私にとっては効果大。ひとり暮らしを始めた時に実家きら持って来たタオルは厚さもサイズもバラバラ。なんとなく、キッチンは薄め…など用途によって使い分けています。

 

デメリットは

  • 吸水力が疑問。ロングヘアなので髪の毛を拭くのには数枚必要かも。

 

手ぬぐい自体は数年前から愛用していて、いつも枕カバーの上にかけてほぼ毎日取り替えて洗濯しています。枕カバーを取って洗濯して…というのは案外面倒ですが、手ぬぐいであればファスナーを開ける必要もなく脱いだパジャマと一緒に洗濯機IN!で終了です。寝ている時、知らない間に汗をかいているといいますし、ダニアレルギーのわたしは出来るだけ清潔に保っておきたい。

f:id:julily:20170817231359j:plain

こんな風に。

 

さて、主に枕カバーが用途である手ぬぐい。もちろん、濡れた手を拭くといった本来の使い方でさらに実力を発揮してくれます。何しろ乾くのが早い。

いままでは実家暮らしだったので家事なんて一切してこなかったのですが、ひとり暮らしの今、全て自分でしなくてはいけない。逆に言えば、全て自分のしたいようにできる!ふわふわタオルを手ぬぐいに変えたところで文句を言う人はいない。

 

お試しに台所で使ってみた。

f:id:julily:20170817231027j:plain

向日葵とスイカ、裏にはビールな夏柄

 

一日使った後のくしゃくしゃですみません。

やっぱり良い!すぐ乾く!

タオルだとやはり裏面など重なっている部分でじわじわじわじわ雑菌が増えているのではないかと気になる。これいいかもなぁ。

 

f:id:julily:20170817231415j:plain

左:京都"祇園をどり"で芸妓さんが投げてくださった手ぬぐい。お名前も入っています。お好きな方には申し訳ありませんが、がっつり日常使いさせていただいています。右:朝顔。ガーゼ生地でふわふわ。

 

 

これから機会があれば少しずつ手ぬぐいを集めてゆこうと思っています。

先ほどメリットでも書きましたが、色々な場面で使っているタオルを手ぬぐいに変えれば、かさも減り、用途ごとに分けなくて済むので収納も楽かなと。おまけに洗濯物も減りそう。全てを変えることは出来ないかもしれませんが、しばらく試してみます!

 

オススメの手ぬぐい屋さんがあればぜひぜひコメントくださいませ! 


以下、人生のの師匠(趣味も生活も)ことUSAさんにお勧めいただいた手ぬぐい屋さんのリンクです。ブログにまとめておくと分かりやすくてわたしも便利だろう。生活費に余裕ができた月に、少しずつ買い足そうと思います!

 

あひろ屋
http://www.ahiroya.jp/index.htm

 

戸田屋商店
http://www.rienzome.co.jp/

 

朱鳥
http://www.akemitori.jp/

 

2017年8月 資産配分(無リスク資産を含む)

こんにちは。

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

わたしは、お盆を実家にて過ごし、美味しいご飯を食べ、大好きな海外ドラマ「SHERLOCK」の続編を3話続けて見るという大変有意義で幸せな休暇となりました。第1シリーズから見直したい…(そんな一人暮らしのわたしはテレビを持っていない)。

 

さて。

今回は、先日の記事(リスク資産の積立状況)に引き続き、無リスク資産を含んだ資産配分を考え直してみました。

 ↓

julia.hatenablog.com

 

以下のグラフは2017年8月現在のリスク資産(投資信託)における資産配分(アセットアロケーション)です。

f:id:julily:20170813173420p:plain

・株式を70~80%にする

というざっくりした指針を立てて積立投信を実施してきましたが、おおよそ目標通りとなっています。

 

さて、本題です。

わたしは、もちろん無リスク資産(普通預金・定期預金)も持っています。

そもそも資産配分を考えるときに大切なのは、リスク資産の中だけで「投資信託の株や債券の配分をどうしよう・・・」ということではなく、普通預金・定期預金といった無リスク資産も合わせた資産配分(アセットアロケーション)を考えること(基本中の基本ではありますが…)。

しかしながら、わたしはついつい投資信託ばかりに目が向いてしまい、全体をボンヤリとしか見られていませんでした。

 

投資信託を積み立てはじめて1年と8ヶ月。

積立を開始時、様々なブログで「資産運用の指針を決めた方がよい」と見かけたので、

「よし!まずは自分がリスク資産を待つことに向いているのかお試しをして、1年経ったら目標のアセットアロケーション(資産配分)を決めよう!」と意気込んでいました。しかしながら、途中で一人暮らしをはじめたり…と、考えていた生活防衛金の額(生活費の2年分くらい…というよく見かける金額で考えていました)が大きく変化してしまいました。1年後何をしているかなんて分からないものです(笑)

アセットアロケーション自体は年末にでも、一年間の生活費を算出してからきっちり決定として、まずは現状把握をしてみたいと思います。


結論から言うと

以下が無リスク資産を含んだ資産配分です。

投資信託は全体の18%。まだまだ多くはありません。

もう少し待ってもいいかなぁという感覚です。

 

↓ 2017年8月 資産配分(無リスク資産を含む)

f:id:julily:20170813173437p:plain

・・・いや、まてまて。

確かに投資信託は少ないが(18%)・・・リスク資産自体は…少ないか?勤め先の持ち株(グラフ黄色19%)が多くないか?

金額では把握していましたが、グラフで見ると持ち株の割合が結構インパクト大きめです。やはり視覚化するとわかりやすいですね。

 投資信託のことで頭いっぱいでしたが、持ち株のことも、あらためて考えなくてはいけないなぁと思う確認となりました。見直し大切!

 

今後考えたいことは

・資産全体(つまりリスク資産と無リスク資産を合わせた本来)の目標アセットアロケーションを決める。

ということ。

そのためには、生活防衛金の見直し、持ち株の限度割合…など考えなくてはいけないようです。

 

今はまず、

  • 月々の積立をしっかり行って少しずつリスク資産を増やす
  • 1年間は家計簿をきっちりつけて、生活費を把握する

以上2点に注力したいと思います!

焦らずいこう。

 

考える時間を持てる今の年齢から始めてよかったなぁ…と改めて感じています。

 

 

 

そろそろお金のことばかりでなく趣味の話をしたくなってきました(基本性質がまじめではない。できることならずっと趣味にひたっていたい)。

ごきげんよう

2017年 積立投資信託ファンド一覧

現在積立中の投資信託の一覧です。

 

インデックスファンド

  • 【バランス】世界経済インデックスファンド
  • 【バランス】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • 【外国株式】ニッセイ外国株式インデックスファンド
iDeCo
  • 【外国株式】たわらノーロード 先進国株式

 

アクティブファンド

  • 【外国株式】セゾン資産形成の達人ファンド

 

 

リスク資産配分は以下のグラフです。

f:id:julily:20170813173420p:plain

わたしの投資方法は、「バランスファンド(株式:債権=1:1)に、先進国株式ファンドを合わせて株式比率を上げる」というものです。インデックスファンドが中心ですが、アクティブファンドも小さな額で試しています。

素人ながら、それなりに考えて決めた指針ですが、優柔不断なわたしはいつまでも悩んでしまうこともあり・・・

  • バランスファンドは2種類もいらないだろう(はじめはそれぞれの特徴が分からなかったので同時に始めた)
  • 海外債権は必要かなのか、そもそもコスト高なバランスファンドである必要はあるのか、自分で組み合わせられないか

上記以外にも、疑問に思っていること、考えたいことはたくさんあります。しかし、今はとにかく「継続できる」ということを第一に、簡単な仕組みであることを心がけています。今後変更してゆくことがあるかもしれませんが、現状はこの通りです。運用益についても今後記事にするかもしれません。

 

次の記事では、無リスク資産(普通預金・定期預金)や持ち株も含めた本当の資産配分を見直したいと思っています。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

【家計】ひとり暮らし7ヶ月間の収支と費目割合

一人暮らしを始めて7ヶ月、中途半端な期間ですが支出の振り返りを行いました。

 

 

その結果、ボーナスを除いた収支を平均すると毎月たった400円の黒字でしかないことが判明。貯蓄含まずに、です。なんてこったい!!

※実際には1、2月分の家賃を12月中に支払っているのでその分を差し引くと少し数値は変わります。今回は今後の計画のためにも、あえて2ヶ月分の家賃を含ませました。

また、月によっては5万円ほど余ることも

…大きな買い物で相殺されて+400円、と(涙)

 

 

割合については以下のグラフにまとめました。費目ごとの月平均割合をまとめた簡単なものです(たった+400円の貯蓄?は入れていません)。

f:id:julily:20170805162603p:plain

(アセットアロケーション円グラフメーカー使用)

 

やはり家賃(住居費)が高い…。本格的に節約生活を迫られたら、まずはここの見直しを行いますが、今の家は都心・駅・職場に大変近く、20代期間限定のお楽しみとして納得しています。

 

 

さて、目を背けたいところですが、黒字がたった400円の件に戻ります。

わたし自身、そんなに使った??と思いつつ明細を見ていくといくつかの原因が判明。

 

① 初期費用(必要経費)

主に生活費に計上。

まず、初期費用に値するような以下の物を買いました。

・掃除機

・収納用品(クローゼット、キッチン、脱衣所など)

・タイルカーペット

・調理器具

・ゴミ箱3つ

・寝具

 

これらは将来的に考えて必要と言えるのでokとします(冷え性のわたしはカーペットにかなり助けられました。洗濯もできて便利です。図書館やオフィスに引いてあるようなものなので、若干の公共の場感が出ますが…!)。

 

② 急な冠婚葬祭(必要経費)

交際費に計上。

本来、冠婚葬祭用の貯蓄枠を取っておくべきところですが、社会人歴が浅いのもあって必要に迫られておらず用意できていませんでした。また、喪服・バッグ・数珠といったものも持っておらず一式揃えたため数万円の支出となりました(レンタルも考えましたが急なことでしたので…)。今後考えたい項目の1つ。

 

③ 年に一度の趣味へのお金

娯楽へ計上。

わたしは舞台観劇が好きで、好きな役者さんの舞台は数回観ることもあります。

今回は名古屋旅行も兼ねて出かけたため、約4万円の支出に。

 

④ 我慢していたけれど…

被服費中心に計上。

・昨年紛失くした日傘を更新

・帽子

・鞄★

・サングラス★

★ボーナスより予算

 

julia.hatenablog.com

 

 

しっかり悩んで購入したとはいえ、これだけで約10万円の出費。流行りの服を買ったりはしないけれど、それぞれの価格が高額になりやすいわたしの被服費傾向。きちんとしたものを揃えていきたいので、そこは大切に長く使うことでカバーしていきたい。

 

食費や水・光熱費についてはおよそ計画通りでした。

 

 

・今回見直して思ったこと

まず第一は、収入に合った生活が出来ているのかという点。被服費、もっと我慢した方がいいのかな…。とにかく実家にいた頃は好きなものを買って遊んでも十分な貯蓄ができました。気をつけているつもりでもその名残が抜けていないのかもしてません。交際費だって今はいろんなところに出かけたり人に会ったりしたい。お金を使っていい年代なのかな…なんて思ってしまうのは自分に甘いのでしょうか。

悩むとキリがありませんね!

 

他は、初期費用や想定外の支出が多く、毎月給与の一部を貯蓄口座に自動入金してあるにもかかわらず、生活口座に移してしまっていた点が反省点です。必要なものも、ちょっと我慢してお金を貯めてから買えばいいんですよね。

 

 

やはり少し余裕を持って計画を立てないと窮屈さゆえに我慢が弾けてしまうし、急な支出にあたふたしてしまうことを実感しました。

 

まだまだ模索中ですが、まずは一年、様子を見ます。レベルの低い目標ですが、月々の収入からきちんと貯蓄をする!そして、楽しくお金を使う!

 

 

 

スマホからのブログ更新…慣れたものの不便でござる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ
にほんブログ村