ごきげん手帖

好きなこと、想うこと。

2017年 積立投資信託ファンド一覧

現在積立中の投資信託の一覧です。

 

インデックスファンド

  • 【バランス】世界経済インデックスファンド
  • 【バランス】セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
  • 【外国株式】ニッセイ外国株式インデックスファンド
iDeCo
  • 【外国株式】たわらノーロード 先進国株式

 

アクティブファンド

  • 【外国株式】セゾン資産形成の達人ファンド

 

 

リスク資産配分は以下のグラフです。

f:id:julily:20170813173420p:plain

わたしの投資方法は、「バランスファンド(株式:債権=1:1)に、先進国株式ファンドを合わせて株式比率を上げる」というものです。インデックスファンドが中心ですが、アクティブファンドも小さな額で試しています。

素人ながら、それなりに考えて決めた指針ですが、優柔不断なわたしはいつまでも悩んでしまうこともあり・・・

  • バランスファンドは2種類もいらないだろう(はじめはそれぞれの特徴が分からなかったので同時に始めた)
  • 海外債権は必要かなのか、そもそもコスト高なバランスファンドである必要はあるのか、自分で組み合わせられないか

上記以外にも、疑問に思っていること、考えたいことはたくさんあります。しかし、今はとにかく「継続できる」ということを第一に、簡単な仕組みであることを心がけています。今後変更してゆくことがあるかもしれませんが、現状はこの通りです。運用益についても今後記事にするかもしれません。

 

次の記事では、無リスク資産(普通預金・定期預金)や持ち株も含めた本当の資産配分を見直したいと思っています。

 

ご覧いただきありがとうございました。

 

【家計】ひとり暮らし7ヶ月間の収支と費目割合

一人暮らしを始めて7ヶ月、中途半端な期間ですが支出の振り返りを行いました。

 

 

その結果、ボーナスを除いた収支を平均すると毎月たった400円の黒字でしかないことが判明。貯蓄含まずに、です。なんてこったい!!

※実際には1、2月分の家賃を12月中に支払っているのでその分を差し引くと少し数値は変わります。今回は今後の計画のためにも、あえて2ヶ月分の家賃を含ませました。

また、月によっては5万円ほど余ることも

…大きな買い物で相殺されて+400円、と(涙)

 

 

割合については以下のグラフにまとめました。費目ごとの月平均割合をまとめた簡単なものです(たった+400円の貯蓄?は入れていません)。

f:id:julily:20170805162603p:plain

(アセットアロケーション円グラフメーカー使用)

 

やはり家賃(住居費)が高い…。本格的に節約生活を迫られたら、まずはここの見直しを行いますが、今の家は都心・駅・職場に大変近く、20代期間限定のお楽しみとして納得しています。

 

 

さて、目を背けたいところですが、黒字がたった400円の件に戻ります。

わたし自身、そんなに使った??と思いつつ明細を見ていくといくつかの原因が判明。

 

① 初期費用(必要経費)

主に生活費に計上。

まず、初期費用に値するような以下の物を買いました。

・掃除機

・収納用品(クローゼット、キッチン、脱衣所など)

・タイルカーペット

・調理器具

・ゴミ箱3つ

・寝具

 

これらは将来的に考えて必要と言えるのでokとします(冷え性のわたしはカーペットにかなり助けられました。洗濯もできて便利です。図書館やオフィスに引いてあるようなものなので、若干の公共の場感が出ますが…!)。

 

② 急な冠婚葬祭(必要経費)

交際費に計上。

本来、冠婚葬祭用の貯蓄枠を取っておくべきところですが、社会人歴が浅いのもあって必要に迫られておらず用意できていませんでした。また、喪服・バッグ・数珠といったものも持っておらず一式揃えたため数万円の支出となりました(レンタルも考えましたが急なことでしたので…)。今後考えたい項目の1つ。

 

③ 年に一度の趣味へのお金

娯楽へ計上。

わたしは舞台観劇が好きで、好きな役者さんの舞台は数回観ることもあります。

今回は名古屋旅行も兼ねて出かけたため、約4万円の支出に。

 

④ 我慢していたけれど…

被服費中心に計上。

・昨年紛失くした日傘を更新

・帽子

・鞄★

・サングラス★

★ボーナスより予算

 

julia.hatenablog.com

 

 

しっかり悩んで購入したとはいえ、これだけで約10万円の出費。流行りの服を買ったりはしないけれど、それぞれの価格が高額になりやすいわたしの被服費傾向。きちんとしたものを揃えていきたいので、そこは大切に長く使うことでカバーしていきたい。

 

食費や水・光熱費についてはおよそ計画通りでした。

 

 

・今回見直して思ったこと

まず第一は、収入に合った生活が出来ているのかという点。被服費、もっと我慢した方がいいのかな…。とにかく実家にいた頃は好きなものを買って遊んでも十分な貯蓄ができました。気をつけているつもりでもその名残が抜けていないのかもしてません。交際費だって今はいろんなところに出かけたり人に会ったりしたい。お金を使っていい年代なのかな…なんて思ってしまうのは自分に甘いのでしょうか。

悩むとキリがありませんね!

 

他は、初期費用や想定外の支出が多く、毎月給与の一部を貯蓄口座に自動入金してあるにもかかわらず、生活口座に移してしまっていた点が反省点です。必要なものも、ちょっと我慢してお金を貯めてから買えばいいんですよね。

 

 

やはり少し余裕を持って計画を立てないと窮屈さゆえに我慢が弾けてしまうし、急な支出にあたふたしてしまうことを実感しました。

 

まだまだ模索中ですが、まずは一年、様子を見ます。レベルの低い目標ですが、月々の収入からきちんと貯蓄をする!そして、楽しくお金を使う!

 

 

 

スマホからのブログ更新…慣れたものの不便でござる。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代一人暮らしへ
にほんブログ村

還付金や利子は投信買付に当てています

f:id:julily:20170803223523j:plain

結婚式のおみやげ(?)に素敵なお花をいただきました。おめでたい!

 

 

さて、表題についてTwitterでちらりと話題を見かけたので、わたしも年末調整による還付金や、定期預金などの利子の使い道について書きます。

とはいえ、自分で思いついたものでもなんでもなく、投信積立をはじめたころに、先輩投資家の皆さまに教えていただいたことを、ただただ実直に、実行しているだけです。

(良いと思ったものは積極的に取り入れさせていただきます!)


それは、
「還付金や利子が入金されたら、すぐにそのまま証券口座に移し、投資信託を買付ける」
というものです。

 

「はじめからなかったもの」として、家計には入れずに貯蓄へ回す。自力再投資型…とでも呼べば良いのでしょうか。

ちなみに、現在は毎月の積立も行なっている
・世界経済インデックスファンド
・ニッセイ 外国株式インデックスファンド
のどちらかを、その時のバランスを見て買付に当てています。


さて、その元手について、現在は以下3つの項目を投資信託の買付に当てています。

① 還付金(年末調整による)
② 定期預金の利子
③ 社内預金の利子

昨年まではこれらの合計で5万円程度でした。今後は、今年新たにはじめた
iDeCo
ふるさと納税
分を合わせて10万円程になるかなという見通しです。10万円…小さいようで大きな額。

本当はここに、家計の余りなども加えたい…というのが理想。しかし、ひとり暮らし7ヶ月目…まだまだ家計の価格変動もしっかりとは把握できておらず、そこまでは到達できておりません。今は、おおよその目標の元、使った額を記録しているだけの家計管理です(やはり予算を決めて、収支を管理した方がいいのかなぁ)。課題は山積みです。


話が逸れました…
多少なりとも努力が必要な節約などとは違い、この再投資は努力いらずなのが良いところ。決まった時期に勝手に入ってくるお金をちょっと画面上で買付の設定をするだけ。自分の中でシステムとして導入してしまえば、機械的に買付けを実行すれば良いだけなので楽ちんです!

 

……なーーーんて!
言うのは簡単なのですが、お恥ずかしいことに、この4月に入ってきた社内預金の利子を忙しさを理由にまだ買付に当てられていません!!!笑
これも何かの縁。今から作業します…。


このように、わたし自身しっかりした性格でもなく、まだまだ形にはなっていない途中経過です。しかし、試行錯誤を繰り返しながら、自分なりに何とか資産形成をおこなっています。

 

26歳の時にちょっと危機感を感じて、勉強をはじめて良かったなぁ。投資信託に限らず、マネーリテラシーは大切!
お金の話、もっとしたい!

 

 


ここからは余談ですが…
物欲にまみれたわたしにとって、今回紹介した数万円なんて気がつけば娯楽に消えてしまいまうような額です。いえ、たとえ100万円あったとしても、「好きに使っていいよ~」と手渡されれば1時間と経たず使い切ってしまうことでしょう(革製品や万年筆、靴、食器…欲しいものは無限にあります)。

それに、今のわたしにとっては、「自分にとって必要なものかがわからないもの」にこそお金を使って良い時期かなと思っています(年齢は関係ないかもしれないですね)。例えば、興味があるか分からいけれど、もしかしたら何か感じるものがあるかもしれないから気になった展覧会や映画に行ってみる。誘われたランチや飲み会に行ってみる。もちろん人にも寄ると思いますが、わたしは趣味や興味の幅を広げることはこの後の人生を楽しくしてくれると思っています。そのためにも綺麗事ではなくお金は大切で必要なもの。まずは第一に健康であること、働いて収入を得ること、その中から使うこと、貯蓄すること…お金を楽しく使うために出来ることはやっておきたい。
そんな風に考えながら、無理なく出来る範囲で取り組んでいます。良いと思った方法はどんどん取り入れて、自分にとって心地いい資産形成ができればいいな。

 

2017年夏のボーナスにて購入したもの

7月も最終日となりましたが、
今月の半ば、勤め先からボーナスが出ました。


もちろん!
ボーナスは全て貯蓄へ!
…いままでの生活はそうでした。

今年の初めからひとり暮らしをはじめ、月々のお小遣いでは大きな額のものはとてもじゃないけれど買えない。ここは思い切って、"無くても生活できるけれど欲しいもの"を買うことにしました。我慢ばかりでは何のために働いているのかも分からないし、使うときは使うのだ!ただし、ちょっと考えて、計画的に。



その①
f:id:julily:20170731215128j:plain
Tosca Noble(店舗限定色ホワイト)/genten (¥50,760)


実は4月ごろから目をつけていました。

白いキチンとしたバッグをずっとさがしていたため、店舗で見かけた際は運命だとさえ思う出会いでした。

「欲い、何としても欲しい、でも高いしかも限定品…もし、もし7月まであったらボーナスで買おう…」「いや、ここは運命と思ってすぐ買うべきでは?二度とないかも…」

悶々と悩みつつも何とか7月。無事お迎えすることができました。その時点で残り3つとのこと。縁があったと思おう。よかった!同じような形でも、世間一般的に有名なブランドものは何倍もする。そしてこのシンプルさはなかなかない。


ベルトまで革が巻いてあるのも好きなポイント。ショルダーにもなります。中央のベルトは取り外しも可。この写真はネクタイ結び。

f:id:julily:20170731215615j:plain


荷物もしっかり入ります。

f:id:julily:20170731215714j:plainf:id:julily:20170731220900j:plain




その②

f:id:julily:20170731220118j:plain

サングラス/Calvin Klein(¥10,990)

わたしは眩しいのが苦手なため、サングラスは以前より欲しいと思っていました。しっかりした作りでピンクベージュ系であまり派手過ぎないもの…と探していた第一候補は約3万円…さすがに毎日使わないものにしては高すぎる…と探したところ、約1万円で近しいものを発見。
多少のデザインの違い、フェラガモ→カルバンクラインというブランドの変化はありましたが、そこにこだわりはないのでok!
少し小顔で地味顔なわたしに似合うサングラスはなかなかないので、よい買い物ができました。今年は帽子と日傘も買ったので紫外線対策はバッチリ。

余談ですが、サングラスを撮影するのはとても難しい。うっかりすると自分の顔や部屋が写りかねん…


以上、2017年夏のボーナスによるお買い物でした!皆さまもよい夏をお過ごしください。

iDeCo…加入するまでの悶々とした日々。

f:id:julily:20170727231826j:plain

仕事でお花を沢山いただき、1週間ほど部屋が華やかでした。ひまわりってそんなに好きじゃなかったけれど、黄色やオレンジって元気がでていいなぁ。

 

 

前記事でiDeCo加入のご報告をさせていただいきましたが、その道のり…長かったです(わたしは2017年1月から新たに加入できるようになった区分で、企業型確定給付制度を取り入れている企業に勤めています)。
時間がかかったというのは、金融機関がどうこうというより、私自身が悶々と悩んでいただけなのですが…


2016年始からセミナーや本を通じて制度について知っており、所得控除の額などを調べた結果
「わたしは加入すべき!」と思い、夏頃まではやる気満々だったのですが、
「でもあと半年あるし、来年までに参入する金融機関も増えるだろうし、商品も変わるかもしれないし、まだコレ!と即決はできないな~ゆっくり考えよ~」

と思っていたらあっという間に年末でした。


…余談ですが、わたしの投資スタンスは
「バランス型ファンド(株式:債権=1:1)+先進国株式ファンドの組み合わせにより、株式比率70~80%程度を目指す」という簡単なもの。バランス型でなくそれぞれを組み合わせた方がコストも低くていいのかな…とも思いますが、リバランスは難しそうだし、この先の人生、忙し過ぎてついつい後回しになってしまう時があるかもしれない…わたしには日々の仕事も趣味もある。いつもお金のことを考えているのはちょっとしんどいかな…そんな理由でバランス型を選びました。手間がかからないというのもわたしにとっては大切なポイント。ただ、ちょっと株式比率をあげたいからそこは手を加える。


…本題に戻りますが、
iDeCoは運用益が非課税になるので、ここは是非株式の積み立てに充てたい。

そんなわけで、
わたしの中でiDeCoについて明確に決まっていたことは「低コストな先進国株式のインデックスファンド」を積み立てる。
それだけ。
これかな?というファンドがSBI証券楽天証券にあることだけは確認済みでした。

ここからはリアルな動向を時系列でお届けします。
(何日で加入できたよ!みたいな内容をお求めの方にはざっくりし過ぎていると思うので、他の方の丁寧なブログなどをご参照いただければ)

12月
とりあえず毎月の積立を行なっているSBI証券iDeCoの資料請求をするも、

1月
人生初めてのひとり暮らしがスタートし、多忙な日々。よくよく申込書を見ると会社の総務に書いてもらわなければいけない欄がありちょっと面倒だなー会社の人に色々と知られちゃうのかーと怯む、しかも住所変更をしたのであらかじめ印刷して送ってもらった書類も取り寄せ直さないといけないのでは…

2~3月
考えなしにSBI証券に決定する気だったが、運営管理手数料が0円である楽天証券の方がいいかもなぁと悶々と悩みつつ資料請求
(のちにSBI証券も0円となる)

4月
散々悩んだ挙句楽天証券に決定し、やっとのおもいで会社の総務に記入を依頼(あっさり翌日に返却してくださった!)。
中旬、申込書送付。
下旬、書類不備が見つかり返却(すみませんでした)。再度送付。

5月、存在をすっかりわすれていたら

6月、JIS&Tという会社からパスワードが記された葉書が届き、翌日、国民年金基金連合会から口座番号や手引き、規約が届き、

6月20日
晴れて楽天証券から加入手続き完了のお知らせが届きました。

そこで初めて
内容確認とか商品設定とか、楽天証券のHPでするのではないということを知る(不勉強すぎるぞわたし)。そりゃぁ、証券会社が勝手に行なっているわけじゃないですものね。またひとつ勉強になりました。

7月の中旬ごろ、無事買付がなされていることを確認。

ふーーー…
わたしは悩みすぎるものの、結局はじめにいいな!と思ったものにする可能性が大なんだよなぁと最近気がつき始めました。うん10年生きてきたのだから気がつけばいいのに…と思いつつもやはり悩んでしまう成長のなさにトホホ。思い返せば、普段の投信積立をSBIで行なっている、という点が慣れなのか愛着なのか迷うポイントだったよう。iDeCoは新たな口座開設のようなもので、書く書類の多さも変わらないのだから揃える必要なんてないんだぜ!と、半年前のわたしに言ってあげたい。

ちなみにわたしは
"先進国株式で低コストな商品"である
「たわらノーロード 先進国株式」を選択しました。純資産額が順調に伸びてくれますように!

1年以上悶々としていたことがすっきりして今はいい気分!これから30年余りお付き合いしていくiDeCo。その中で商品を変えるという選択もあるかもしれません。大切なお金ではありますが、わたしの資産のうちのごく一部。あまり悩み過ぎず、楽な気持ちで積み立てたいと思います。日々の値動きなどはざっくりとマネーフォワードで追いかけます。

これでまたひとつ、お気楽資産運用の初期設定ができました。見直しの必要性はもちろんありますが、手を抜けるところは抜いていきたい。

ぼーっとする時間の確保も大切です。


では。
わたしは、夏バテなのかストレスなのか胃痛が止まりません。暑い夏、あなたさまもどうぞご自愛ください!

ピラティスに通い始めました

(通うに至った経緯を長々と記しております。)

 

f:id:julily:20170629220950j:plain

横顔美人って素敵だと思う。

(この半年、ろくにかけていない能率手帳。白紙という事実もまた、記録なのかもしれない。)

 

 

 

わたしは筋力が弱い。

 

腹筋で起き上がれないくらいには弱っちい。

腕立て伏せも、頭から足先までしっかりピーンとまっすぐにした状態ではほとんどできない。まずその姿勢を作るだけで腕もお腹もプルプル…。支え方が悪いのか背筋も痛い。

足もぷにぷにで締まりがなく、血圧も低く血行も悪く冷え性だ。

(関連性の有無は知らないけれど)

 

もう久しく運動などしておらず、大学のダンス部を引退してからはせいぜい駅まで小走りをするくらいのもの。歳を重ねると筋肉量は一層落ちるだろう。運動しなくては…運動しなくては…社会人になってからずっと思い続けていた。

  

社会人3年目(26歳)の秋頃からは、肩こりが一層ひどくなったり、ちょっとした天気(気圧)の変化でも気分が悪くなったり呼吸がしづらくなったり、胃が痛くなったり眠れなかったり呑気症になったり、体調の変わり目なのか何なのか、自律神経が乱れているなぁという実感も。

 

通勤時間のストレスかな…

  

アロマオイルやマッサージ、気は紛れても根本的な解決にはなりませんでした。

 

運動…ジムや水泳、ヨガ…やってみようかな…

 

 

そんな折、ひょんなことからひとり暮らしをすることに。

通勤時間は2時間強から15分へと短縮された。

  

半年間は色々なことに忙殺されたり夢中になったり。時間はあるがとにかく心の余裕はなく、半年が過ぎてようやく何か運動を、習い事をしたいなと思い始めた。

 

ランニングやウォーキングは、わたしには全く楽しみを見出せないので続かないだろう。子供の頃習っていたバレエをもう一度習うのも良いが、バレエをすると体型の見た目や動きやすさから、きっとどんどん痩せたくなってしまう(バレエを習っていた頃は160cm38~42kgでした)。単なるガリガリではなく、しっかり筋肉があり、程々に丸みのある体型を目指したい今、痩せたい願望は持ちたくない。

 

最近ブームのヨガか…会社の同期が「気持ちと身体がすっきりして夜よく眠れるようになったよ」とか言っていたな…と、家から徒歩圏内の教室を探すと、いくつか候補が。その中にピラティスの教室もあった。

そういえば、わたしが大好きな石田ゆり子さん(Henry Cuir好きなところも好き)も長年されているそうだし、体幹を鍛えられるとも聞くし…これだ(単純です)。

 

 

6月のはじめに体験レッスンに行ったところ、呼吸法が胸式で慣れなかったり、おしゃれイメージとは打って変わって結構ハードな筋トレ(!)だったりと、少し疲れて筋肉痛にもなる。

 

しかし、自分のペースで出来る範囲で良いという点と、確実にこれは鍛えられてる…!という実感がとてもよくて、ひと月で6回通ったが今のところ楽しい。

 

 

定期的に通う契約をしたので、

しばらく続けてみます。

 

腹筋…できるようになったら

ご報告いたします(笑)

 

「なんたる低レベルな!」

とお思いかと思いますが、まずは自分のペースでコツコツと…

 

 

湿度が高くすっきりとしないお天気がつづきますが、

日々ごきげんで参りましょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入しました

f:id:julily:20170622204245j:plain

今週の火曜日、金融機関より

個人型確定拠出年金(iDeCo)加入手続き完了のお知らせメールがきました。

 

ようやく!やっと!

 

いえ、金融機関が悪いのではなく、わたしが優柔不断で提出が遅れた故なのですが…


個人型確定拠出年金、DC…いえ、これからは親しみを持って、愛称である"iDeCo"と呼ぶことといたしましょう。
(当初は交通系カードのようだなと思っていたこの名も、ようやくわたしの中で定着してきました)

 


さてiDeCo
わたしが本格的に資産運用を始めたのは昨年2016年1月。26歳社会人3年目も終わりに差し掛かるその頃のわたしは、自分の、あまりの知識の無さに焦り、様々な本やブログを読むと共に、投信系セミナーに参加しておりました。

 

その中で
「来年から(2017年)から大きく変わる制度があるので要チェック!!」
ということをしばしば耳にしました。
(セミナーは、大江英樹さんの出版記念セミナー、セゾン投信中野社長&井戸美枝さん、などなど過去記事は下にリンクがございます。)

 

その制度は
まさに2017年からわたしも加入対象になるもので、
① 所得控除がとても大きく、
② 運用益はNISAのように非課税で、
③ 運用コストは低く
④ 毎月の積立式で、
⑤ 60歳まで引き出せず老後資金の蓄えに持ってこい!
とのこと。

それがiDeCoでした。

 

加入完了までの珍道中(?)は後日記すとして、積立商品の登録も終えた今、とりあえずホッとしています。

 

わたしは、勤め先が"企業型確定給付年金制度"を導入しているため、月々に拠出できる額は1万円2千円。年間にして14万4千円。もっと積み立てたいところですが、まあ無理なく長く続けるにはこれくらいがいいのかなとも思います(高給取りじゃないし…)。
他は、継続している積立投信や現金貯蓄などで頑張っていきましょ!

とにかく、一度申し込んでしまえば毎月機械的に貯蓄口座から引き落とされていくのみ。たまには確認も必要かもしれませんが基本的にノータッチで楽ちんです。

 


さあ、資産よ増えるがいい!ふはははは

 


…とまあ言いたいところですが、実際のところ、投信の成績よりも所得控除の恩恵の方が大きい気がするし(素人の考えですが)、さらに言えばこれから32年間決まった額を積立てる且つ引き出せないという仕組みそのものに価値がある気がしているので、あまりガツガツ考えていません。

感覚としては、「手元にあったら使ってしまうかもしれないお金を積立貯金している」そんな気持ちで取り組んでいます。

 

いいんです。

わたしは投資が趣味なわけでもないただの一般人。
ゆるくていいんです。


今日はiDeCo加入のご報告でした!

 

 

iDeCo関連セミナー参加の過去記事はこち

 

 

julia.hatenablog.com

julia.hatenablog.com

julia.hatenablog.com